2019年後期 「クリーン川越市民ごみゼロ運動」を実施しました

<環境美化を心掛け綺麗な街へ‼>

台風19号の被害後、復興に少しづつ向けて進む中、2019年10月27日(日)「クリーン川越市民ごみゼロ運動」後期が開催されました。

ごみゼロ運動当日、午前8時前には既に収集されたごみが持ち込まれ、街の環境美化へ意識が高まる中、午前8時より、環境推進員・地区役員(班長も含む)・寺尾小/高階小PTA・長生会等の協力のもと、ごみゼロ運動の出発式を行ない、その後、調節池周辺・第二自治会花壇のごみ収集、公民館周辺の刈払い機に依る草刈り・草むしりと袋詰めの作業や、自治会内(第一自治会~第四自治会)に不法投棄物(粗大ごみ等々)を軽トラで収集・運搬し公民館前に搬入しました。

◎ごみゼロ運動の写真の一部です◎


クリーン川越市民ごみゼロ運動出発


刈払い機に依る草刈りと袋詰め


公民館周辺手作業での草むしり


不法投棄されたと思われるタイヤ

一方、地域の皆様さんやご家族で収集されたごみは公民館前に搬入され、順次、可燃物・不燃物・ビンカン類・ペットボトルに分別され収集車を待つばかりとなりました。
皆さんの積極的な行動、和気あいあいとした作業の中、交流の場も広がり、午前9時30分頃終了することが出来ました。

ありがとうございます。


搬入されたごみの分別作業の様子


分別作業後の可燃物の状況

{追記}
2019年台風19号に於いて、災害ごみをゴミ集積場に出されましたが、集積場以外の所に出されたごみは、市側の収集対象とならず、放置されたままとなっている点があります。


災害ごみ、それとも不法投棄のごみ?

☆皆さんの熱心な活動とご協力に感謝申し上げます。☆

TOP